出生届を提出

Share on Facebook

出生届

名前が決まったら役所に出生届を提出しましょう。
戸籍法第49条に『出生の届出は、14日以内(国外で出生があつたときは、3箇月以内)にこれをしなければならない。』と定められています。
医師、助産師などの出生証明書を届書に添付し提出してください。
印鑑、母子健康手帳、国民健康保険被保険者証(加入者のみ)も持参してください。

届出先
子の出生地・本籍地又は届出人の所在地の市役所、区役所又は町村役場
申請書様式
届書用紙(出生証明書と一体となっております)は、市役所、区役所または町村役場で入手してください。
添付書類
出生証明書1通
提出時期
出生の日から14日以内(国外で出生したときは3か月以内。なお、国外で出生したときはこの期間内に出生届とともに国籍留保届をしないと日本国籍を失う場合がありますので留意してください。)
手数料
手数料はかかりません。

14日目が土、日、祝日などで役所が休みの場合は、その翌開庁日までが届出期間です。
役所によっては夜間や休日など時間外でも受付をしている場合があります。

《 注意 》
14日以内に出生届を提出できなかった場合は正当な理由がなければ戸籍法第135条に従い過料を科されます。天災等による正当な理由があれば14日を過ぎても提出できます。

【戸籍法第135条】
正当な理由がなくて期間内にすべき届出又は申請をしない者は、5万円以下の過料に処する。

詳しく法務省の『出生届』のページをご覧ください。記載要領・記載例も掲載されています。

また、国際結婚や海外での出生に関する事柄については法務省の『国際結婚,海外での出生等に関する戸籍Q&A』のページをご覧ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">