旧字体と新字体について

Share on Facebook

旧字体と新字体

姓名判断を行う上で頭を悩ませるのが流派によって画数の捉え方が違うということです。
大きく分ければ、字を旧字体や特殊な漢字(字の語源など)へ戻してから算出を行う方法と「新字体」で算出する流派の二つに分かれます。
姓名判断は画数から算出する占いです。一画違うだけで流派によって運勢が異なってしまいます。ポジティブに考えれば結果が良い流派を信じるということもできますね。
旧字体と新字体の考え方のポイントについて簡単に解説します。あなたはどちらの考え方を選びますか?

画数の考え方のポイント

《 旧字体 》
新字体は元来、戦後になって省略されたり、形を変えたりして、誤って伝えられた「偽字」「略字」があり、姓名判断の源流はあくまで旧字体にあり、元の字体に戻して数えなければ、文字そのものが持っている数の力を判断することはできない。

《 新字体 》
現在使用されている文字のほとんどは新字体で旧字体よりも社会や時代、風土に溶け込み強く影響しているので日常で使わない漢字に変換するのではなく、普段書いている姓名や名刺に刷る文字=新字体こそが本人の姓名を表わしている。

新字体と旧字体の画数の違い(参考)

部首だけ見ても新字体と旧字体とでは異なります。部首は参考例です。他の部首やつくりでも異なるものが多数あります。

新字体・旧字体
WEBで利用できる名付けサービス
名付けの書籍情報
その他の名付けサービス




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">