JAF(一般社団法人日本自動車連盟)が幼児2人乗せ適合自転車と一般の自転車の安全性テスト実施!

Share on Facebook

PAS-Kiss-mini

JAFは幼児2人乗せ適合自転車と適合車ではない一般の自転車を使い、幼児2人を前と後ろに乗せて自転車を運転する際の安全性比較テストを実施しました。

自転車の荷台などに幼児を2人乗せることは法規違反ですが、2009年7月の改正により、フレームやブレーキを強化した「幼児2人同乗基準適合車」は、2人乗せが可能になりました。しかし、規則を知らない、あるいは適合自転車が高価などの理由から、依然として一般的な自転車に幼児を2人乗せて走行しているケースが多く見受けられます。

JAFではそのような現状から安全性のテストを行いました。テストは適合自転車と普通自転車の前に15kgと後ろに20kgのダミー人形を乗せ、女性モニターに走行してもらうことで安全性を検証しています。
※適合自転車は電動アシスト車を加え2台、一般車は1台、計3台、モニターの女性は3名でテストをしています。

検証したポイントは以下の3つです。

JAF動画


検証1「ブレーキテスト:ブレーキ時の制動距離」
検証2「スラロームテスト:走行時のふらつき」
検証3「傾斜テスト:スタンド駐車時の安定性」

3つの面で比較し、全てにおいて適合自転車の安全性の高さが確認されました。
例えば、ブレーキテストでは2人乗せ時に一般の自転車が9.0mに対し適合車では5.3m、適合車の電動アシスト車になると4.4mでした。

テスト結果やテストの状況がわかる動画はJAFのホームページ、JAFチャンネルで公開しています。
動画ではふらつきをハンドルで修正している様子や床を徐々に傾斜させ自転車が転倒する角度が何度かなどの様子が見れます。
ダミーを乗せている状態と乗せていない状態での比較も行っていますので大変参考になりますよ。

JAFでは、幼児を2人乗せて走行する時には、法規に則って安全性の認められた適合自転車を使用するとともに、適合自転車といえども決して過信せず、車重が増える分、より慎重に運転するよう呼びかけています。

テストの結果は→JAFニュースでご覧になれます。

テストの様子の動画は→JAFチャンネルでご覧になれます。

※画像は電動アシスト幼児2人同乗基準適合車ヤマハ PAS Kiss mini

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">