幼児2人を乗せることができる電動アシスト自転車

Share on Facebook

PAS-Kiss-mini

幼児2人を前後に乗せて走れる小径タイプの電動アシスト自転車「PAS Kiss mini(パス キス ミニ)」。
ヤマハ発動機から6月29日から発売された幼児2人乗せ適合自転車です。
「PAS Kiss mini(パス キス ミニ)」は前後のタイヤに、20型の小径ファットタイヤを採用しています。車両が低重心化し、安定して走行でき、幼児を乗せたり降ろしたりする位置も低くなったため、小柄な人でも使いやすいのが特徴です。さらにタイヤは、走行時の路面振動を吸収しやすい仕様になっています。

 前後に幼児2人を乗せれるようフレームには新たに、サドルとチャイルドシートの間隔を広くした「オープンワイドタフフレーム」を採用しています。膝周りに余裕をもって走行できるため、乗り降りもラクラクです。
チャイルドシートのヘッドサポートやフットレストは子供の成長に合わせてもちろん調節可能!
ハンドル部の子ども乗せシートには、「スーパーエンジェルシート」を採用、ふらつかずに走行できるよう、ハンドルの回転軸上に重心が位置してます。「スーパーエンジェルシート」は子供の成長に合わせて調整できます。頭部を支えるヘッドサポートの高さは最大18cmまで無段階で、フットレストは6段階で調整可能です。
またフットレストを閉めれば、荷物を入れるバスケットとして使用できますよ。別売りのフロントバスケットに付け替えもできます。

 ハンドルのメインスイッチ部には、新たに、バッテリー残量をデジタル表示する「デジタルメーター付きメインスイッチ」が付いています。バッテリー残量が20%までは10%単位、残量20%を切ると、1%単位で細かく表示されます。また、走行速度も確認できます。
 走行モードは、パワーと距離を両立させる「標準」モードと、パワフルな「強」モード、節電して走行距離を伸ばす「オートエコモード プラス」の3つが用意されています。好みや走行シーンに合わせて選択できますよ。

 バッテリーは、容量8.9Ahのリチウムイオン電池。充電時間は約4.5時間で、フル充電の場合、32~44km走行できます。
このほか機能面では、内装3段のギアポジションごとに最適にアシストする独自機構「S.P.E.C.3」を搭載しています。
 各パーツも安全性が配慮されていて安定してスタンドがかけられる「らくらく幅広スタンド」、手元でハンドルの回転を半固定できる「テモトデロック」、リアキャリアにチャイルドシートを装着した時に手足や衣類を巻き込みにくい「大型ドレスガード」、コントロールのしやすい「スマートコントロールブレーキ(前)」などを備えられています。

育児する男性にも合うよう、“ゴツい”タイヤや太いフレームなど、ユニセックスな仕様になっています。カラーバリエーションは、グリッターピンク、マットオリーブ、オニキスブラック、クリスタルホワイトの4色。本体重量は33kgです。

PAS-Kiss-mini

幼児を含む搭乗者を対象とした「親子安心傷害保険」が購入から1年間有効になります。
希望小売価格は137,000円です。

PAS Kiss mini(パス キス ミニ)のお求めはamazon楽天ショップ

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">