ひなまつり 3月のイベント・行事

Share on Facebook

雛祭り

ひなまつり

3月3日は雛(ひな)祭り。
雛祭りは「上巳(じょうみ)の節句」「桃の節句』ともいわれ、平安時代に始まりました。
元は高貴な生まれの女児の厄除けと健康祈願のお祝いとして行われていました。
災厄を代わりに引き受けさせた紙人形を川に流す「流し雛」の風習が発展し、庶民にも広がり雛人形を飾り女の子の健やかな成長と幸せを願う「雛祭り」になりました。
雛祭りは単なるお祭りではなく女児のすこやかな成長を願う「行事」であり、お雛さまは赤ちゃんに降りかかろうとする災厄を代わりに引き受ける災厄除けの守り神のようなものなのです。
お雛さまを飾る時期は2月4日の立春から、遅くともお節句の一週間前までには飾って3月3日の雛祭りを楽しみに待ちましょう。
片づける時期は遅くとも3月中旬までに済ませましょう。



《 雛祭りの料理 》

◇ちらし寿司

昔から祭礼の日などの料理として作られることが多かったようです。

◇はまぐりのお吸い物

自分のかたわれの殻が他の貝とは絶対合わないことから一夫一婦の願いを込め、お祝いの膳にお吸い物として添えられるようになりました。

◇菱餅(ひしもち)、雛あられ

緑・白・桃の3色はそれぞれ、雪の大地(白)・木々の芽吹き(緑)・生命(桃)を表しており、この3色のお菓子を食すことで自然の力を授かり、健やかに成長できるという意味があります。

◇白酒

桃が百歳を表す「百歳(ももとせ)」に通じることから、桃の花を酒に浸した 桃花酒(とうかしゅ)を飲む風習があり、その後、江戸中期になってから、白酒が好まれるようになったそうです。


>>  ひな人形をamazon で探す
>>  ひな人形を楽天市場で探す

矢印こどもと楽しむアニバーサリー TOPへ



にほんブログ村 子育て情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree