節分 2月のイベント・行事

Share on Facebook

節分に豆まきと恵方巻

節分

2月3日は節分です。
節分は、もともとは各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことを指します。節分とは「季節を分ける」ことを意味しています。その中でも立春が年の初めと考えられることから次第に、「節分」といえば春の節分のことを言うようになりました。季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、「豆まき」は邪気を追い払うための中国の追儺(ついな)の行事を元に誕生しました。
節分の日は鬼を払うため鬼が嫌う柊(ひいらぎ)の枝に鰯(いわし)の頭を刺したものを戸口に立てておいたりもします。
また、”福を巻き込む”太巻き寿司を、その年の干支に基づいてめでたいと定められた方角、恵方(えほう)を向いて無言で丸かじりすると、一年間健康でいられると言われています。

2013年 平成25年の恵方は南南東です。


豆まき ミニ知識

《 なぜ大豆をまくのでしょうか? 》

大豆は五穀のひとつで穀霊が宿るとされています。古来からお米に次いで神事に用いられてきました。

・米よりも粒が大きく、穀霊で悪霊を祓うのに最適であること
・魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅=まめ)にも通じること
・京都鞍馬山に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけて退治したという逸話から

などで大豆をまくようになりました。
ただし、豆まきの豆は炒り豆でなくてはいけません。生の豆を使って拾い忘れたものから芽が出てしまうと縁起が悪いとされているからです。
また「炒る」が「射る」を意味し「魔目」を「射る」ことで「魔滅」となるのです。

《 豆まきのルール 》

豆まきのやり方は各家庭や地域によって千差万別。典型的な豆まきのルールはこちら

1.豆は大豆を炒った“福豆”を使用する
2.鬼は夜中にやってくるので夜に家族全員が揃ってから行う。
3.豆をまくのは本来は一家の主人(厄年の人が豆まきをする場合もあります)。
4.「鬼は外!」で家の玄関や窓を開けてまき、「福は内!」で部屋の中にに向かって豆をまきます。
5. 豆まきの後は、1年の厄除けを願い自分の年齢よりも1つ多く豆を食べましょう。

《 恵方巻の食べ方 》

1.太巻きを準備
  ⇒福を巻き込むことから巻き寿司です。縁を切らないよう包丁を入れずに丸ごと1本用意。
2.その年の歳徳神(としとくじん)の方角=『恵方』を向く
3.願い事をしながら、最後までしゃべらずに食べます。
  ⇒しゃべると運が逃げてしまうと言われています。食べ終わるまでは口をきいてはいけません。



矢印こどもと楽しむアニバーサリー TOPへ



にほんブログ村 子育て情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree