子どもの花粉症に関する調査

Share on Facebook

こどもの花粉症発症の平均年齢は、7.4歳

こども関連のあれこれニュースと情報 2013年3月19日

スポンサー広告


気象情報会社ウェザーニューズが去年行ったアンケートによると、花粉症の若年化が進み、こどもの花粉症発症の平均年齢は、7.4歳と発表されました。
花粉症で鼻炎・鼻づまりに悩む子どもが年々増えています。
鼻孔拡張テープ「ブリーズライト」を販売するグラクソ・スミスクライン株式会社が花粉症に悩むこどもとその母親を対象に、こどもの花粉症 お悩み座談会を、2月末に開催し、こどもの花粉症調査を発表しました。

調査の一部を紹介すると、「こどもの花粉症状で最も心配なことは何か?」という質問に、1位 目のかゆみ(37%)、2位 鼻づまり(24%)、3位 鼻みず(18%)という結果がでました。特に鼻づまりの悩みに関して、「こどもの鼻づまりで、どんなことが困る?」と聞いたこところ、「寝苦しくて、ぐっすり眠れない(64%)」がトップとなりました。
ママたちのコメントを見ると「鼻づまりでこどもの寝つきが悪い。」、「赤ちゃんの時から鼻がつまっているから、本人は気にしていないが、寝ている時、こどものイビキがうるさくて目が覚める。」、「鼻づまりから夜泣きにつながっているらしく、親子で何度も起きて睡眠不足。」など、親も一緒に睡眠不足になっている状況が分かり、睡眠の質に悪影響を与えていることがわかりました。また、幼稚園や保育園で、こどもが自分で鼻を上手にかめない悩みも複数挙がり、耳鼻科で鼻みずの処理を行っているケースもありました。


年々花粉症を発症する年齢が上がってきていますので花粉には注意してあげましょう。

【ブリーズライト】
鼻からスッキリ、翌朝スッキリ。 
鼻孔拡張テープ「ブリーズライト」「ブリーズライトキッズ」は、鼻の上に貼るだけで、プラスチックバーの反発力で鼻孔を拡げ、鼻の通りをサポートします。薬剤を使用せず、物理的に鼻孔を拡げて呼吸をラクにして、貼るだけですぐに効果を感じることができます。



⇒「amazonのブリーズライトの一覧ページ
楽天のブリーズライトの一覧ページ




にほんブログ村 子育て情報


This entry was posted in こどもの健康情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree