『こたつ』のコードに要注意!

Share on Facebook

子ども安全メールfrom消費者庁

こども関連のあれこれニュースと情報 2013年2月10日

スポンサー広告

子ども安全メールfrom消費者庁では、30代女性による、ゾッとした体験談を紹介しています。

<「ウチの子は、こたつの中が大好きで、その日もこたつの中で転がっていました。しばらくすると、子どもの“ウッ”と言う声が聞こえ、見るとコードが首に絡まり、動けない状態。急いでコードをこたつから抜き、抱き寄せると、首にコードの形が付き、かなり咳き込んでいました。あと数秒気付くのが遅かったら……と今考えてもゾッとします。」>

家電製品の無線化が進みコードがなくなってきていますが、こたつにはまだまだ長いコードがありますよね。こたつはテーブルがわりにもなり、子どもだけでお絵かきしたり、本を読んだりして遊んでいることも多いのではないでしょうか。

いつの間にかこたつの中に潜って遊びはじめ、知らないうちにコードが首に巻きついてしまったら……

子どもは、どこでも遊び場にしてしまいます。ヒモ状のものがあれば、たぐりよせて遊んでしまうこともあります。こたつで遊んでいる子どもをときどき注意して見てあげることが大切ですね。





にほんブログ村 子育て情報




This entry was posted in こども事件, 安全・防災・保険情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree