赤ちゃんの考えていることがわかる ベビーサイン

Share on Facebook

手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションする育児法

こども関連のあれこれニュースと情報 2013年2月4日

スポンサー広告

言葉をうまく話せない赤ちゃんと、手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションする育児法がベビーサインです。

「ベビーサイン」という名前は、カリフォルニア大学デイビス校名誉教授のリンダ・アクレドロ博士と、カリフォルニア州立大学スタニスラウス校名誉教授であるスーザン・グッドウィン博士が作ったものです。ふたりの博士は、アメリカベビーサイン社と、その研究機関であるベビーサイン・インスティテュートの創設者でもあります。
ベビーサイン育児はふたりの博士の努力によって1990年代半ばからアメリカを中心に広がりはじめ、現在では世界の多くの国で実践されています。

赤ちゃんが手話を使う!? 赤ちゃんとお手てでお話、なんて本当にできるの??とお思いの方、できるのです! 
しかもとっても簡単。 普段の語りかけに手の動き=ベビーサインを添えるだけで、赤ちゃんも自分からお手てでおしゃべりできるようになるのです。

詳しくは NPO法人日本ベビーサイン協会のホームページをご覧ください。




にほんブログ村 子育て情報



This entry was posted in プレママ情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree