ノロウイルスの変種が全国で検出されてます!

Share on Facebook

流行拡大の恐れあり

こども関連のあれこれニュースと情報 2012年12月8日 その2

手洗い

新潟県や国立医薬品食品衛生研究所などの調査によると感染性胃腸炎の原因となるノロウイルスで、遺伝子が変異したタイプが全国で検出されているそうです!
7日に発表された国立感染症研究所の調査では6週連続で患者が増加しています。免疫をもたない人が多いとみられ、流行の拡大が懸念されています!
国立感染症研究所の発表では、全国3,000カ所の小児科で最新の1週間(11月19~25日)に確認された感染性胃腸炎の患者数の平均は13.02人。2週連続で10人を超えています。九州では宮崎や鹿児島など平均20人を超える県も複数ありました。多くはノロウイルスが原因とみられています。
変異したウイルスは、10月に新潟県内の2カ所の福祉施設であった集団感染の患者から見つかりました。その後、10月までに新潟に加え、北海道、東京、千葉、大阪、広島、島根、大分、沖縄の計9都道府県で確認されています。8月には香港でも見つかり、世界的に広がっている可能性もあります。

ノロウイルスは感染力が非常に強いため、ノロウイルス患者の便や嘔吐物を適切に処理しないと家庭内や保育園、高齢者施設などで感染が拡大します。2次感染を防ぐには、手洗いを徹底し、指の間や親指、手首までしっかりせっけんで洗いましょう。
嘔吐物を処理するときには使い捨てのマスクや手袋を着用し、新聞紙などに嘔吐物を吸い取らせ、ビニール袋に密封して捨てるようにしましょう。処理する人以外は少なくとも3メートル以上離れるようにしましょう。
また「次亜塩素酸ナトリウム」を成分に含む液体の塩素系漂白剤や殺菌剤で消毒すると効果があるそうです。


スポンサー広告



にほんブログ村 子育て情報


This entry was posted in こどもの健康情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree