父親の育児家事参加が5年前より増加しています!

Share on Facebook

イクメンが増えてる!

こども関連のあれこれニュースと情報 2012年11月19日 その2

子どもを寝かしつけたり掃除をしたりするなど、父親が育児や家事に関わる割合が、5年前に比べて増えていることが「ベネッセ次世代育成研究所」の調査で分かりました。

この調査は、去年11月にが0歳から2歳までの子どもの父親1303人を対象に行われました。
調査によると「週に1回以上、子どもがぐずったときに落ち着かせる」と答えた人が82.8%。
「週に1回以上、子どもを寝かしつける」のは57.9%で、いずれも5年前の同じ調査と比べて、およそ5ポイント上昇していました。
また、家事についても、「週に1回以上掃除をする」と答えたのは44.6%、「週に1回以上洗濯する」のは35.9%で、いずれもおよそ8ポイント上昇していて、父親が家事や育児に関わる割合が増えていることが分かりました。
保育園でも、ここ数年、子どもと来る父親が増えていて、朝8時前になると父親たちが次々に子どもを送りに来て、着替えなどの準備をしたあと、子どもに手を振って職場に向かっていく風景が当たり前になってきています。
調査をしたお茶の水女子大学の菅原ますみ教授は「イクメンブームで父親の意識が変わってきたほか、父親も育児休暇が取りやすくなってきている。子どものために企業にも行政にも一層の支援を求めたい」と話しておられます。



スポンサー広告



にほんブログ村 子育て情報

This entry was posted in 子どもアンケート・調査. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree