11月16日は「幼稚園記念日」です

Share on Facebook

いまどきのスーパー幼稚園事情

こども関連のあれこれニュースと情報 2012年11月16日

1876年11月16日、日本初の官立(国立)幼稚園である東京女子師範学校附属幼稚園が東京・神田に開園したことを記念して、「幼稚園記念日」が制定されました。
東京女子師範学校附属幼稚園に入園したのは当時の上流家庭の幼児75人だったそうです。

幼稚園記念日なのでテレビでスーパー幼稚園のニュースを放送していました。
紹介されていたのでは関西の幼稚園が2園です。それにしてもすごい幼稚園があるものだと感心してしました。
どんな幼稚園かというと大阪堺市にあるラッキーダックインターナショナルスクールでは徹底的に英語にこだわった幼児教育を実践しています。
園内での会話はすべて英語です。行われている授業はフラッシュカードという授業で先生が出す国旗が描かれたカードをすばやく見せ、国名と首都を覚えさせます。一瞬で見せることで幼児の右脳を活性化させるそうです。6歳の年長クラスの授業ではアメリカの3年生~4年生レベルの子ども達が使っている英語のプリントを用いてリーディングの授業を行っていました。英語で書かれているプリントを読み内容に関して先生から英語で質問があり、英語で答えるというものです。さらに英語検定3級レベルのプリントも配られ幼児たちは問題に回答していました。この幼稚園には5歳で英語検定2級に合格した子どもいるそうです。びっくりです!

もう一つ紹介されていた幼稚園は大東市にある四条畷学園大学付属幼稚園で、体操の時間の様子が紹介されていました。全員が開脚し、ブリッジ歩きを行っていました。逆立ち歩きや前方倒立回転、後方倒立回転を披露する子どももいました。すべて普通の体育の授業で遊びの延長線上で運動神経を養っているそうです。年長クラスの子どもの中には跳び箱10段を跳ぶ子どももいました。運動以外にも文武両道を目指し読書にも力を入れています。読書は毎日、家も含め何冊本を読んだかを先生に報告しているそうです。インタビューに応えていた子どもの中にはなんと1万冊を超える本を読んだ子どもいました。わからない言葉については辞書を用いて意味を調べる教育を実践しているそうです。音楽の時間では絶対音感を養う授業も行っていました。おそるべし幼児教育です。

ラッキーダックインターナショナルスクールのホームページ

四条畷学園大学付属幼稚園


《 「日本初の幼稚園」にまつわるクイズ 》
日本初の幼稚園、東京女子師範学校附属幼稚園の現在は?
A.お茶の水女子大学附属幼稚園
B.東京学芸大学付属幼稚園
C.学習院幼稚園
わかるかな。

先日の「しまじろう」にまつわるクイズの答えはBです。


スポンサー広告



にほんブログ村 子育て情報


This entry was posted in 教育・学校情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree