名前でもめてます!子ども手当新名称

Share on Facebook

子ども手当

こども関連のあれこれニュースと情報 2012年3月12日

6月から所得制限を導入し見直すことで与野党が合意した子ども手当。しかしその名前で協議が行き詰まっています。民主党はまず、「子どものための手当」を提案しましたが、自民党と公明党はかつての「児童手当」に戻せと拒否。そこで、「児童成育手当」ならどうかを再提案。さらには、「児童のための手当」と次々譲歩していますが、これも突き返されています。何しているのでしょうね?
所得制限を設け、月額5000円を支給するなど内容ではすでに大筋合意していますが、ただ一つ、名前を巡って対立が続いています。
民主党・大島九州男議員:「子ども手当か児童手当か、そういう『子ども』か『児童』かの名前の問題だみたいな報道のされ方をされているが」
野田総理大臣:「直接、ご家庭に経済的な支援をする。しかもチルドレンファーストという理念のもとで、その政策を実現する」
これに対して自民党、公明党は、今回の見直しで児童手当が復活すると強調しています。
公明党・井上幹事長:「児童手当法の改正でやるという3党の合意ができているわけですから、民主党の皆さんもその趣旨を踏まえて決断して頂きたい」
今月末までに結論を出さないと、実際に手当の支給を行う自治体の事務処理などに影響が出る恐れがあります。困ったものです。

3月末で期限が切れるこども手当について、まだ未申請の家庭があります。3月末までに申請を行えば遡って支給を受けられます。2月にまだ支給を受けていない方は申請を行いましょう。お近くの役所の窓口に問合せを。


クロックス オンラインショップ



にほんブログ村 子育て情報

This entry was posted in 子どもに関するマネー情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree